何故かBBAの風俗嬢がきた

快感には種類があると思う

男の性的な快感っていろんな種類があると思うんですよね。自分の場合ですけど、そこには本当にいろんな種類があるというか、プライドが満たされての満足もあれば、単純に性的な絶頂という意味での快感。プライドは絡んでいなくて、男として単純にドキドキするという意味での快感。これ以外にもももっともっと細かい分類があると思うんですよね。それらを楽しむのもまた、男としての楽しみの一つでもあるんじゃないのかなって思うし、どういった快感になるのかと言う楽しみもあれば、それぞれに特化して自分でピンポイントで狙うことも出来るじゃないですか。特に風俗であれば、自分が求めている快感に応えてくれますので、あまり難しいことを考えるのではなくて、自分が楽しみたいなって思った時に風俗で女の子にリクエストしたり、あるいは自分の気持ちにピンポイントな風俗嬢を選んで楽しむ。それだけでもまた、楽しい時間を満喫することが出来るんじゃないのかなって。

風俗によって気付いたんです

風俗はただ楽しいだけではなく、快感に酔いしれるだけでもなく、いろんな気持ちを味わうことが出来るんだなってことに気付かされましたし、更に言えば風俗によって自分の性癖に気付かされた部分もあります。例えば自分がマゾかもしれないと自覚するきっかけになったのも風俗でした。元々は風俗では快感を含めていろんな気持ちを味わえるのが楽しいなって思っていたんですけど、気付けば自分が攻められている時の方が圧倒的に楽しいってことに気付かされたんです。その事実に気付いただけでも自分なりに大きな衝撃だったのは言うまでもありません(笑)まさかというか、普通に考えたらそんな性癖を自分で自覚できるようなシチュエーションなんて日常生活にはないんじゃないのかなって思うんですよね。それだけに、その快感に気付くことが出来たというだけでも自分にとっては何気にとても大きなことなんじゃないのかなって。もちろんそれ以外にもいろいろなメリットがありますし。